アルカリ骨材反応

セメントコンクリートはセメント、水、骨材(砂や砂利等)、さらに混和材料を適当な割合に調合して練り混ぜたものであるが、セメント中のアルカリ金属(ナトリウムやカリウム)と骨材に含まれる鉱物(シリカ)がおこす化学反応のことをいう。
この化学反応が長時間続くとコンクリートが膨張し、ひび割れが生じるようになり、時には崩壊することもある。また、この種の骨材をアルカリ反応性骨材という。


不動産の価格を知りたい