不動産を売却したい

不動産売却

初めての不動産をご売却される際に、気をつけていただきたい事や、ポイントがいくつかございます。
ご売却をご検討されている方は、下記を参考にしていただければ幸いです。

また私たち有馬不動産では、資産運用・ファイナンシャルプランニングなどについてのご相談も受け付けております。 ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。


査定依頼
不動産売却のステップ

ご相談

住宅の売却には、法律や税金、経費など専門的なサポートが必要になります。住宅を「売る」と決めたら、まずは信頼できる不動産会社にご相談をして下さい。購入と併せて考えている場合は、ひとつの不動産会社にまとめて依頼すると、より効率的です。

売却目的を明確に

「何のために売却するのか、買い替えるのか」について、頭に思い浮かぶ売却(買替)の理由を書き出してみましょう。そうすれば、売却の最適なタイミングもおのずと見えてきますし、後にあなたが新居を探す際の希望条件も明確になるはずです。

査定

建築年数や周辺環境、管理状況、希少性など、不動産に精通した営業マンがあなたの家をいろいろな観点からチェックします。無料査定サービスを行っている会社も多いので気軽に問い合わせてみましょう。
もちろん弊社も無料査定を実施しております。お気軽にご利用下さい。

価格決定

あなたの希望売却価格や不動産会社の査定価格、市場の相場などを考慮して、住宅の売り出し価格が決定されます。少しでも高く売りたいのは当然ですが、あまりに高い値をつけては、売れるものも売れなくなってしまうので、営業マンの意見をある程度尊重した方がいいでしょう。

売却価格のポイント

査定価格とは、一般的に「向こう3ヶ月間で売れると思われる価格」のこと。不動産の価格は、買主と売り主の意向やタイミングなどで決まるので、査定価格はある程度幅をもたせて提示されます。タイミング良くいい値段で買ってくれる人がいれば、査定価格の上限もしくはそれ以上で売れることもあります。
逆に、競合物件が出てきてしまったら、下限くらいの価格でないと売れない場合もあります。

  • 周辺の類似物件の最近の売買事例
  • 物件の希少価値の有無
  • 平均的坪単価
  • 建築年数
  • 管理状況
  • 内装と設備の充実
  • 日照や眺望
  • 地価の動向(一戸建て) ほか

媒介契約

ご売却を決断されたら、不動産会社との間に「媒介契約」を結びます。媒介契約によって、住まいの売却を正式に依頼したことになります。

媒介契約の種類

専任媒介契約

特定の1社のみに依頼して査定、売り出し価格を決めて販売するものです。一般的には3ヵ月の依頼をして、その後は延長することも可能です。この場合、業者は2週間に1回、売却活動の状況を報告する義務があります。

専属専任媒介契約

専任媒介同様、特定の1社に売却を依頼するものです。業者は、1週間に1回以上の頻度で売却活動を報告します。また、依頼主は自分で買主を見つけることはできません。

一般媒介契約

数社に対して同時に、自宅の売却を依頼するもの。価格はもちろん統一です。不動産会社に報告義務はなく、依頼主も自分で買主を見つけることができます。

お手入れ

住まいを見学に来た人は、最初の15秒でその物件に対する結論を出す、ともいわれています。少しの手間を惜しまずに、隅々までお手入れをして、ご自宅の商品価値を高めましょう。
また、住人が無口・無愛想という態度では、売れるものも売れません。購入希望者との会話のやりとりによって打ち解けた雰囲気を作るのも大切。すべては、買う人の気持ちになって準備する・行動することが重要なのです。

  • 通りから玄関までにゴミはないか?
  • 居室の照明は明るいか?
  • 壁紙の黄ばみやカーペットのシミはないか?
  • タバコやペットの臭いはないか?
  • 浴室、洗面所のカビは大丈夫か?
  • 壁に穴は空いてないか?壊れている箇所はないか?

売却活動

買主を見つけるためには、さまざまな広告宣伝や販売イベントが効果的!チラシ、住宅情報誌、インターネットなどを通して、あなたの物件が市場に公開されます。
また、契約形態に基づいて、不動産会社は売却活動の経過を依頼主に報告します。そして、購入希望者が見つかり次第、実際の住まいを見学してもらいます。

希望者が現れたら

物件を気に入ってもらえたら、提示された購入条件(価格や引き渡し時期など)について、不動産会社を通じて契約条件の調整・交渉を行います。

売買契約

買主と契約条件についての合意ができたら、不動産売買契約書を交わして、取引内容や権利・義務などを明らかにします。その際、買主から手付金を受領します。

契約時に必要なもの

  • 権利証
  • ご実印
  • 印鑑証明書
  • 印紙代:売買金額によって異なります。
  • 固定資産税納付書
  • 管理規約書、建築確認通知書など
  • 仲介手数料の半額:別途消費税が必要です。
  • 運転免許証など本人と確認できるもの ほか

引渡準備

売却物件に居住中なら、そろそろ引越の準備が必要となります。引越業者や間借りのための賃貸業者、貸倉庫などを依頼する場合は、契約した不動産会社に相談してみましょう。

引渡時の注意点

見積りをとる際に、どの範囲まで業者がやってくれるのか確認します。
荷造りは、ふだん使わない季節はずれの衣類、客用の食器や寝具などから順々に。荷造りができたものから番号と中身を表書きしておくのも忘れずに。掃除用具や洗面道具は当日の朝荷造りします。現金や預金通帳、保険証書、貴金属、印鑑は当日持参します。
公共料金やお役所の手続き、カードの住所変更などもお早めに。

引渡し

抵当権の抹消手続きや残代金の受領、固定資産税の精算などを行い、物件を買主に引き渡します。売却代金の残金を受け取る際に用意する主なものを紹介します。

  • ご実印
  • 権利証(登記済証)
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内)
  • 固定資産税納付書
  • 管理規約、パンフレット、建築確認書など
  • 仲介手数料の残金
  • 売渡費用
  • 売却物件のカギ
不動産の価格を知りたい