初めてのご購入

初めてのご購入

初めての不動産をご購入される際に、気をつけていただきたい事や、ポイントがいくつかございます。
ご購入をご検討されている方は、下記を参考にしていただければ幸いです。
また私たち有馬不動産では、資産運用・ファイナンシャルプランニングなどについてのご相談も受け付けております。


ご相談

住宅を買う時や買い替える時は、さまざまな手続きが必要です。新居の購入目的や希望条件、また家族構成や生活状況など、じっくり相談にのってくれる不動産会社を見つけるのが大切です。当社では購入相談も受け付けております。お気軽にご相談下さい。

  • 購入条件を明確に|住宅を購入すると決めたら、自己資金やローン返済を見据えた上で、どの程度の物件が購入できるのかを検討します。大切なのは、希望条件に優先順位をつけるということです。通勤通学、広さ、眺望、日当たり、外観、駐車場など、妥協できないポイントはどの条件なのか、ご家族とご相談の上、整理しておきましょう。
  • 資金計画|「いくらの物件が買えるのか?」「自己資金はいくらぐらい必要なのか?」など、資金計画について検討します。購入にあたっては、物件価格の他にも、税金などのさまざまな諸経費がかかります。一般的には、ローンで借りる金額と自己資金の合計から、諸経費を引いた残りが、購入可能な物件価格といわれています。自己資金については、少なくとも購入価格の2割程度は準備しておきたいものです。
  • ポイント|ローン借入金額 + 自己資金 = 購入可能な物件価格+諸経費
  • 購入時の費用
    • 印紙代
    • 仲介手数料
    • 登記費用
    • 固定資産税都市計画税・管理費等の精算金
    • ローン関係の諸費用
    • 保険料
    • 不動産取得税
    • 引越費用ほか
    購入する物件は中古か新築か、または取引形態(仲介・代理・売主)によっても経費は異なります。基本的な費用についてご説明します。

情報収集

価格帯や希望地域などをある程度決めておけば、物件情報集めもスムーズに進みます。ここで大切なのは、できるだけ多くの情報に目を通すこと。折り込みチラシやインターネット、各種住宅フェアなどをフルに活用して、あなたにぴったりの物件をとことん探してみてください。

現地の視察

気に入った物件が見つかったら、営業マンの案内により、すぐに現地に足を運ぶといいでしょう。物件は流動的です。スピードが大切です。周辺の環境や交通機関、日当たりなど、チラシやホームページではわからない、いろいろな発見があるはずです。

お申込

多くの物件を検討した上で「ここに決めた!」という物件が見つかったら、「不動産購入申込書」にて購入の申し込み行なって下さい。 購入条件や代金支払条件、引き渡し時期など、担当者を通して売主様と調整・交渉を行います。

売買契約

契約条件で合意ができたら、重要事項の説明を受けた上で、売主と売買契約書を交わし、当事者の権利・義務などを明らかにします。

  • ご購入の契約時に用意する主なものを紹介します。
  • ご実印
  • 手付金:現金か預金小切手で用意します。
  • 印紙代:売買金額によって異なります。
  • 仲介手数料の半額
  • 住宅ローン申込書類 ほか

ローン

契約が終わったら、必要書類を揃えて、住宅ローンの申し込み手続きを行います。金融機関との提携ローンのご紹介もいたします。 大きくわけると以下の3つで、各機関ごとに条件が異なります。

公的融資

低い金利で返済期間も長いなど、民間融資と比べてもメリットがあります。住宅金融公庫、年金住宅融資、財形住宅融資、地方自治体の融資などがあります。

民間融資

信用組合や銀行などの民間金融機関の融資です。公的融資に比べると、ローンの種類も多く、比較的借りやすいといえるでしょう。

勤務先の社内融資

あなたのお勤め先でも、住宅取得のための社内融資があるかもしれません。会社によって融資の条件は異なりますが、民間よりも有利な条件であることが多いようです。

決済

物件の引渡し〜ご入居

いよいよ新居での新生活が始まります。リフォームや家屋の診断が必要な場合は、担当者にご相談くださいませ。
また、ご近所への挨拶まわりもお忘れなく。 荷造りは、ふだん使わない季節はずれの衣類、客用の食器や寝具などから順々にやるのが効率がいいです。荷造りができたものから番号と中身を表書きしておくといいでしょう。掃除用具や洗面道具は当日の朝荷造りします。 現金や預金通帳、保険証書、貴金属、印鑑は当日持参します。 公共料金やお役所の手続き、カードの住所変更などもお早めに。

不動産の価格を知りたい