臨海副都心

一般的には、臨海部にある副都心を指すが、特に現在建設中の東京の臨海副都心を指すことが多い。
昭和63年に基本計画が策定されたが、その後の社会経済状況の変化等を踏まえて見直しが行われ、平成9年3月、「臨海副都心まちづくり推進計画」が策定された。
開発の基本方針として、?生活の質の向上・自然との共生、?世界との交流・未来への貢献、?まちづくりへの貢献、の3つを魅力ある新たな副都心像として掲げ、開発面積442ヘクタール、就業人口7万人程度、居住人口4万2,000人程度が計画されている。


不動産の価格を知りたい